これはオレの話です

中学最後の修学旅行で
某都道府県の旅館に止まりました。

当時オレが通っていた中学校は
1学年で600人以上生徒がいる
地元1のマンモス校だったらしく
男子と女子で何メートルか離れた別の旅館に宿泊し
宴会が行われました。

その日は台風が強く接近しており
突風で1枚窓ガラスが割れてしまい
修理屋まで呼ぶほどでした。

窓側 A俺BC 入口

四人部屋で寝る位置は
こんな感じに決まりました。

部屋の中で賑やかしなAが怖い話に花を咲かせて
時間はあっという間に過ぎ
そのうち就寝時間なので
先生が見回りで確認しに来ました。

勿論みんな寝たフリ

曖昧ですが深夜の1時過ぎた頃だったと思います。

TVも飽きてみんな疲れて寝てた所を起きた。

強い雨音の中なのに
地面を蹴って跳ねる音と呼び声が混じって聞こえる。

おーい、いるんだろー、おーい、いるんだろー

その声は何分もずっと聞こえてきた。

B「起きてる?」

C「なんか変なの聞こえね?」



 どちらがBでCかなんて細かく覚えていないが
3人で布団から起き上がって
カーテンのある窓の隙間からを少し覗く

Aだけが反応せず眠っていた。

呑気な奴だな

カーテンを少しずつ捲る、
隙間から回りを覗く。

3人がそこに歪な存在を感じた。

髪が無く、眼の形が歪で、体の一部が黒い

それ以上の特徴は
オレの記憶が拒否してて覚えていない

喉と首筋の近くに強い寒気がきた

見てはいけないモノ

ウワッ・・・

ソイツの首がグニャっと曲がって

グヘェッ

って。

笑った。

よく犯罪や警察の特集番組で出る
男性の声を分からないように変声機でゴツく変えたような、
そんな感じの笑い声。

人間が自然に発声できるようなものでは無い。

怖くなってカーテンを締めて
3人とも自分の布団に潜った。

グヘェッ

っていうさっきの笑い声が耳にこびりついてしまう。

ベランダに人影ユラユラ揺れているのが見えた。

ここは二階

近づいて来たんだ、冗談じゃねぇよ。

その得体の知れない存在が
何度も何度も窓ガラスを強く叩く音

それは明らかに突風の衝撃とは違い、
怒り激しく規則性のある叩き方だった

普段はクラスの中で
威張って先生に迷惑かけてるAの体が
オレの横で額から汗を出して泣いていた

コイツも本当は起きてたのか

Aがブツブツ何か喋っている。

部屋の中にその声が聞こえた。

念仏では無い

もうしません、もうしません、もうしません

その時に誰がこんな原因を持ち込んだのか理解した

コイツだ

錯乱した俺はB、CとAを置いて
真っ先に部屋から叫びながら抜け出す。

そこから先の記憶は無いんだが
違う部屋で目覚めた。

3人は部屋の前で
先生に倒れているのを発見されて助けられたらしい。

先生が部屋に行くと
Aが汗、涙、鼻水を垂らして
失神していたらしい

Aは深夜の中、救急で病院に送られた

旅館の人が通報したので
警察の人が来て色々聴取されたが
何を答えればいいのか分からなかった。

結局修学旅行も乗り気じゃないまま終わった。

Aは様子がおかしくなった。

たまに学校に来るようになったんだが
変貌して無口になり誰とも話さなくなった。

アレからBとCもオレを避け
昔のように4人で集まって一緒に遊ぶような事は無くなった。

Aは途中で早退したり、
3学期になると一度も学校に来なかった。

結局卒業式にも出席しなかった

卒業して高校生になり、
いつだかたまたまAの家の近くを通ると
解体されて無くなっていた。

Aの行方は知らない。

結末も知らない。

物語が続くような創作じゃなくリアルな話だから